So-net無料ブログ作成
ツーリング ブログトップ
前の10件 | -

憧れの人に逢いに行くツーリングin静岡 [ツーリング]

11月17日(金)に静岡県の日本平ホテルで、憧れの人の講演会があり、行ってきました!

以下、レポートです。


日本が大好きな日本文学研究者のドナルド・キーン先生・・・

キーン先生の本からどれだけ日本の素晴らしさを気づかされたことでしょう。

先生にはいつも感謝と尊敬の気持ちでいっぱいで、お会いしたいと思っていました。


でも先生は講演会をめったにされないと知って諦めていました。


先生の息子さん誠己さんのブログ「日々、ドナルド・キーンとともに」では、
先生の日頃の様子が紹介されていて、いつも拝見するのが楽しみでした。


そんなある日、ブログで11月に静岡で講演会を行うと知り、だんなさんにOKをもらってすぐに申込みました。
参加費用は一般5000円、学生1000円ということで、1000円で参加できることになりました。
放送大学に感謝!

この費用には講演会後のティータイムも含まれているとのこと。
なんと、ティータイムには先生とお話できるチャンスもあるかもしれないというのです!
夢じゃないよね!?


息子さんの誠己さんの古浄瑠璃演奏もあるということでした。


静岡の日本平ホテルは、東名清水インターから30分ほどの海の近くの山の上にあり、
時間は2時~4時30分までという時間という事から、バイクで行った場合、

日帰りは難しそうだと思いました。(体力と明るさ的に)


だんなさんのお許しをもらって、一泊のお泊りソロツーリングで行ける事になりました。


日本平ホテルにはリーズナブルなお部屋の空き室がなかったので、

三保の松原の方にある民宿に泊まることにしました。
三保の松原に一度行ってみたかったのです。


早速、民宿を探して予約をしました。
宿泊先は三保のさきっちょにある、竹下ナギサヤさんです。


天気予報では、当日の朝の気温が2℃・・・!(静岡は7℃)で、翌日が雨・・・!
高速道路の路面は大丈夫か?
果たしてバイクで行けるのか・・・!?雨の東名高速を走れるか?


ギリギリまで新幹線で行くという選択肢も残しつつ、検討した結果、バイクでいくことにしました。
1日目は晴れそうで、富士山の見える道をバイクで走りたかったのと、三保の松原にも行ってみたい・・・。
三保の民宿までは日本平ホテルからバイクだと30分以内ですが、公共交通機関を使うと1時間半くらいかかってしまいそうだったからです。
帰りの雨の高速は気が重かったけど、トラックの後ろを走る作戦でなんとかなりそうだと判断。

この日を楽しみに、楽しみに、日々を過ごしていました。


もちろん、子供たちには内緒です。(笑)


<当日朝>
5時に目を覚ますと、夜明けの空が美しく、月や星が煌めいていました。
・・・と、娘が体をかゆがり、起きてしまった・・・!やばい!
薬を塗ってあげているとまた寝てくれた。ホッ


そーっと仕度をして6時過ぎに出発する。

空は明るくなってきていた。


w800になってから、エンジンスタートの恐怖がなくなった。
キャブ仕様のw650は冬場エンジンがかかりにくかったけど、
インジェクション仕様のw800は一発でかかるのです。助かるなぁ。


給油してから高速に乗ると、圏央道から富士山がどどーん!と、この時点で既に感激でいっぱい。
高速道路はスムーズに流れていた。(反対車線は渋滞がすごかった・・・。)


さすがに気温2℃は・・・30分くらいすると手がかじかんできた。
走りながら手を少しグーパーして動かして手の凍結を防ぐ。(笑)

2997B5AD-45E4-4880-8D42-49D6AAD995BD.jpeg

海老名JCTから東名に乗り、中井PAで休憩する。

98347577-1B55-4B45-8555-4726EAC1A616.jpeg
冷え切った体をラーメンで温めた。
バイクはほとんどいなかった。寒いもんね・・・

2B44C63D-805A-43AE-9707-2413491BE5E2.jpeg
観光バスから降りてくる人たちも口々に寒い寒いと言っていた。


東名高速は富士山の南側を走る道路だ。やがて雪化粧した富士山が右手に大きく見えて来る。
色とりどりの紅葉が美しい森と富士山のコラボが素敵すぎて、やっぱりバイクで来て良かったと思う。
明日は雨だけどー(^_^;)天気予報よ、外れておくれ。


富士山を通り過ぎ、由比というあたりで左手に海が見えてくる。
煌めく海沿いを走る絶景ロード。


東名高速はあまり普段走る機会がないけれど、絶景の連続だった。
新幹線じゃなくて、バイクで来て良かったとつくづく思った。


清水インターで高速を降りると、一般道が4車線の国道1号線で、車やトラックがいっぱいで驚く。
三保方面は右折レーンに入る必要があるのですぐ右へ寄った。
普段は1~2車線の道ばかりなので車線が多いだけでドキドキだ。
工場が多いせいか、トラックの多さに驚いた。


時刻は10時過ぎ。三保の松原へ行くのなら今日しかないということで、まずは三保を目指す。
三保へのルートは表示が出ていてとても分かり易かった。


庵原交差点で県道338号線へ右折した後、突き当りには海沿いの加工場などが立ち並んでいた。
ここの袖師交差点で県道148号を三保の表示通り右へ。

ガソリンスタンドがあったので給油して、川を二つほど渡り、少し行くと三保の松原の案内表示が出ていた。
表示に従い県道199号を左へ。


三保の松原入口交差点で表示に従って右折すると、二輪車用の駐車場は左へと案内があり、
神の道という松林の側道を進んで駐車場へと入ってバイクを停めた。

25A66EB7-A544-4DF2-9264-F71C960D30D7.jpeg

時刻は10時半。

駐車場から三保の松原はすぐで、松林に入ると、羽衣の松があった。2代目らしい。

D75622C0-20FD-467C-A47A-BF2AC594F033.jpeg

そして、松林の向こうにエメラルドグリーンに輝く海が見えた。

BB4B535A-5432-4D3A-9323-0CE0D29FDFCA.jpegF97252D1-93F1-46C6-B924-93C7167EE20A.jpeg
富士山は、残念ながらかくれんぼ。すこーし富士山の稜線が雲の隙間に見えた。また機会があれば富士の見える日に来てみたい。

E8E7AD62-3F97-487D-B5EB-03F03495A046.png

海岸線沿いに続く松と、海。多くの歌人がここを訪れたのだろうか。
羽衣伝説の看板などを読みつつ、松原を後にする。


お土産屋さんで安倍川もちとお茶を買って、日本平ホテルを目指す。

DE778242-7645-44A5-9F84-8ABF2CB077A7.jpeg

三保の松原から日本平までは標識が出ていて、とてもわかりやすかった。
県道199号から駒越東町交差点を左へ進み、表示に従ってすぐ斜め右の県道150号へ。
さらに表示に従って駒越西1丁目交差点を右へ行き坂を下り、県道198号を道なりに行くと左手に清水日本平パークウェイの入口があった。


日本平パークウェイは想像していたよりも空いていて、ほとんど車もバイクもいなかった。

そんなに長い道ではなく、カーブもいくつかで、少なかった。


いくつかのカーブを曲がって登って行くと、開けた所へ出た。もう頂上?
道が分岐していて、右へと進む。さらに次の日本平ホテルの看板の分岐を右へ。

絶景のロケーションに建つ日本平ホテルの手前に、ドナルドキーン先生の講演会専用駐車場があった。

B60A1F3F-A7DC-4C67-9FF5-FC21ADCDB9BB.jpegED3DC6A8-9E78-4820-8177-34AD77450D68.jpeg

駐車場にバイクを停め、バイクウェアを脱ぎ、持ってきたジャケットに着替えて真珠のネックレスとピアスをつけ、ホテルに入った。

9F0F0CDE-E15A-45C8-A472-2ACB8B057712.jpeg73EF5969-9921-4972-B709-DBA1E0534E0B.jpeg
入ってすぐのロビーの向こうに絶景が広がっていた。清水港が一望だ。


時刻は12時前。
受け付けは13時からなので、庭園を散歩してみることに。

FE9EF20E-C87A-421F-8281-E903617DECAA.jpeg3414A75D-B194-4B3D-B662-4C2042F41B64.jpegDAF0CEA2-71D1-404A-A2D4-82C0750EEDFA.jpeg

清水港や三保が見下ろせる絶景の庭園にはベンチなどもあり、絶景を前に読書とか、素敵な時間が過ごせそうな場所だった。
ただ、山の斜面のため風があり、普通の服に着替えたため、少し寒く感じた。


ロビーに戻ると、既に30人ほどの人が受付に並んでいて焦る。しまった!慌てて最後尾に並ぶ。
バスの送迎組第1陣が到着して並んでいたようだ。
着物姿のご婦人などもいて、皆おしゃれしてきていた。
バイクウェアじゃなくて良かった・・・と、心から思った。(笑)


チケットを出すと、エスカレーターで1階へ案内された。
会場の扉前で前から3人目くらいに並び、しばし待つ。

F97A364D-AAFF-4269-BD65-B4BF26B79890.jpeg

と、ドアが開き、自由な席を選ぶことができた。
中央列の前から3番目の席を確保!

講演会が始まるまでは、キーン先生のビデオやテレビ番組などが放映されていた。

20D3F015-FD88-47A5-8E36-B72872B6EF50.jpeg

キーン先生を良く知っている人から、あまり知らない人まで、色々な人が来ているようだった。
(60代以上が多数、完全なる白髪の方や、着物姿の人やおしゃれして来た感じのマダム系多し)


だんだん富士山が姿を見せ始める。

2F20611E-FB47-40C6-8127-FF8409048F77.jpeg76D1A778-A517-469B-9E8B-7A9A69246E0B.jpeg

講演会は、誠己さんの古浄瑠璃実演から始まり、静岡美術館の館長とキーン先生、誠己さんのトークが行われた。
古浄瑠璃の演奏を聴いたのは初めてで、力強い熱のこもった演奏に引き込まれ、

キーン先生のトークでは、先生のお声を初めてお聞きして、感激しっぱなし。

日本語で一生懸命お話されていて、ときどき誠己さんがフォローされ、ほのぼのとした感じで和やかな雰囲気でした。


その後、隣の部屋に移ってティータイムということで、いよいよ先生と誠己さんとお話できるかも!?しれないという期待でいっぱいに。

富士山もスタンバイOK!

C1B13335-DDFA-4B64-A93E-426FD7AB4DDF.jpeg

ケーキやタルトなどのスイーツがバイキング形式になっていて、お昼ご飯を食べていなかったのでとても嬉しい♪

8A53DEDA-6F6E-4C48-A2CF-02ECA13DDA04.jpeg

そして、サインをもらうために並んで先生を待った。7番目だった。


ついに先生と誠己さんがお部屋にいらして、サイン会が始まった。

B3603100-E6FF-4A7A-9BD2-9009A88F7C20.png
カタカナでドナルド・キーンと筆ペンを使って書いてくださった。
さらに、握手をしていただき、にっこりと歯を見せて笑って下さった!

キーン先生の手は温かく、色が白くてとても柔らかかった。


「お会いできてとても嬉しいです!」と言うしかできなかったけど・・・


誠己さんには「ピら手です!」とお伝えすると、わかって下さったようでした。
写真も一緒に撮っていただき、夢みたいでした。


途中、静岡県知事さんが来て、少しお話されて先生はとても嬉しそうにニコニコと
されていました。

8344550F-9BCB-4779-86CC-4F1B41081C67.jpeg

すぐそばで、キーン先生がにこにこと笑顔でいらっしゃって、窓の外には富士山と清水港の絶景が広がり、お隣には誠己さんが・・・
こんな素敵なシチュエーションでお会いできるなんて、感激でした。


サイン会は1時間ほど続き、その間、ずっと目の前で、お近くで拝見していたのですが、
先生はずっとサインをし続け、笑顔でいらっしゃいました。すごい!!


終了まで、先生と誠己さんを拝見しながら他のお客さんとお話しをして過ごしました。

千葉から来た方や、地元清水の方で古浄瑠璃に興味がある方、三島由紀夫ファンの方など、
様々な角度から今回の講演会に参加されているようでした。


サイン会が終わり、先生をお見送りして、バイクの所へ戻るとすっかり日が暮れてしまいました。

7BDB267F-2B94-49D6-B0F7-FEF06FCAD023.jpegB533E258-FFFE-4E8E-A32B-C6FFB3674441.png

日が暮れたパークウェイはちょっと怖かったけど、他に誰もいないので却って安心して走れました。
途中、清水港の夜景が煌めいて見えました。


三保へはさっきの道を戻れば良かったので安心でした。
暗くなってから初めての道は不安すぎるので、三保の松原へ行っておいて良かった!

三保の松原入口を通り過ぎ、さらに先へと行くと、だんだんさびしい感じになります。
コンビニに寄って、おやつとおつまみ、ビールを念のためGetして民宿へと向かいます。

4C5B8137-FBAE-4A25-8307-F1F9E903F568.jpeg31D1A350-A0F7-43C4-AF57-CB897C0640C0.jpeg

突き当りを右へ進むと、すぐに電柱に看板がありました。
電柱の表示通り左折するとすぐに竹下ナギサヤさんがありました。

628C796C-4480-4B1A-B3A2-0E84C7FC8A83.png

明日は雨だし、もう暗いし、女性が一人でバイクだし、今日は来ないんじゃないか・・・
という説が流れていたそうですが、無事到着し、宿の方もホッとされていたようでした。
この日の宿泊者は私だけということでした。2階の奥のお部屋でした。

D90B10BF-5AAF-4D4A-8A2D-AAFE03E93596.jpeg

食事は1階の食堂でとりました。

B4C8B050-3616-410E-8874-0ECADB697248.jpeg
テレビでは盛んに明日は師走の寒さと言っていましたが、最高気温が11℃と聞いて
静岡の寒さって、埼玉の寒さとレベルが違う!と驚いてしまいました。
うちの方の師走の寒さと言ったら0℃~5℃くらいです。
静岡ってあったかいんだな~とびっくりしました。


民宿のお母さんとお話ししてみると、お母さんは雪が降る所を見たことがなく、
近所では路面が凍結することはないと言っていました。
静岡って年間を通じてバイクにも乗れるようだと言っていました。
静岡のライダーさん羨ましい・・・


夜、家から電話がかかってきました。
娘でした。


「ママ?おめでとう~写真見たよ!」

キーン先生と誠己さんと一緒に撮っていただいた写真をメールでだんなさんに送っていたのでした。


黙って泊りがけで出かけてしまって、怒ったり泣いたりして電話してくると思っていたので、

娘から祝福の言葉をもらえるなんて、驚きでした。

8歳になり、随分と成長したのだなぁと感じ、じーんとしました。


息子は

「キーン先生のお話はどうだった?何を思った?意外だったことはなに?」


など、興味深々の子供達。私がキーン先生の大ファンだと知っているので(笑)


とにかく、子供たちも興奮気味?で、笑ってしまいました。


夜は、もらってきたパンフレットを見たり、本を読んだりしていたら
気付くと部屋で寝落ちしてました。



<翌日>

朝起きるとやっぱり雨。。。(泣)
小雨なのが救いです。

9EB0434A-C827-4D91-BF01-8F70D3648123.jpegD24B4421-21E8-4255-9D89-4788C7F538B9.jpeg251BB87B-DFC7-49C7-9C67-21B448A4D0EB.jpeg

朝食をいただいて、静岡新聞を見ると、講演会の記事が早速載っていました。
静岡県は文学や芸術を大切にしている印象を受けました。
こういう部分は、理解のないコスト重視のトップがいると真っ先に切られる部分なのです。
静岡、いいところだな~と思いました。(気候もいいし、富士山もあるし)


9時頃出発です。

9CBBA4F1-1F33-4D74-9B91-CCABDA26565A.jpeg83681A7B-A74F-4BFD-A8A4-D4A694A9446A.jpeg

来た道を清水インターまで戻ります。
なんと暖かい朝なのでしょう。埼玉の山沿いの朝とこんなにも違うなんて!
ネックウォーマーをしなくてもいいくらいでした。


東名高速では時速80キロのトラックに先導してもらい、ゆっくり走りました。
高速道路での事故や事件の報道が続いたのでタイヤが落ちてないか、煽り運転はされていないか、
ドキドキして走りました。


御殿場あたりから雨があがってきて、足柄SAで休憩しました。

425D295F-37F3-4A8F-AE81-534F2095432E.jpeg

晴れていれば富士山が見えるSAのようですが、見えませんでした。
スタバでラズベリーケーキとコーヒーをいただき、ホッと一息。

0319F36F-3DDA-4293-A9B9-8A0B44C77355.jpeg

あったかいコーヒーが沁みる~(+o+)

ちなみに、お支払が777円で、なんだか嬉しかったです。(笑)


雨雲レーダーを確認すると、すぐそこまで迫ってきています。

9D1E5526-B5FB-4C4E-BDBC-E606972EF0FA.png13E2E17B-B229-4521-8D21-866A44EA71B1.png

しかも、同じ方向へ向かっているみたい。これはやばいと、慌てて出発することに。
給油して本線に入ります。
しばらく走ると、突如富士山が現れました。
帰りも挨拶してくれるなんて!!
ありがとう!富士山・・・。帰りに富士山に会えるとは思っていなかったので、突然のサプライズに涙が出そうになりました。


キーン先生は、かつて日本を去る時、船からピンクの富士山を見て感動したそうです。
その富士山を見て、きっとまた日本に来られると思ったと話していました。


多くの和歌にも詠まれている富士山は、キーン先生のサイン会の時に雄姿を見せてくれました。
たなびく雲がかかって、本当に素敵でした。


走りながら、さまざまな事を考えたり、歌ったりしてなんとか雨雲には追いつかれずに、
雨上りの紅葉を楽しみながら帰宅することができました。

D77A98BA-3963-40D1-B9E2-C9E330A2BE1B.jpeg
東名から圏央道まで、今がとても見頃でした。

心配していたお天気も少しだけ濡れた程度で済み、助かりました。
日ごろの行いが良かったのかしら?キーン先生は雨男だそうなので、危なかったです。(笑)


帰宅後にインスタグラムで写真をアップしたところ、講演会に参加されていたかたからいいねやコメントをいただきました。
喜びを共有できる人がいるというのは嬉しいものですね。


キーン誠己さんのブログでも「聞かせて、キーン先生」の時の様子が紹介されていて、

とても嬉しかったです。


先生は、お元気な様子で、帰宅後ご自分でお料理をされたそうです。

先生、、、すごい・・・・!!


この講演会を企画してくださった皆さん、準備してくださった皆さん、

本当にありがとうございました。


そして、家族にもw800にも感謝です。

お土産の安倍川もちとお茶がとてもおいしかった。

E43E015D-6E36-44E2-BCC8-6872CAAE0EB0.jpeg

あべかわもちって、懐かしいです!昔よく父がお土産に買ってきてくれました。



26日のBS-TBSで13:00~キーン先生の特集番組が放送されます。

(2時間くらい)

とても楽しみです♪ぜひ、ご覧になってみて下さい♪

↓告知動画はこちらです




二日間の走行距離 354km
コーヒー140円
ガソリン6.18L/@135円=834円(燃費25km/L)埼玉
ラーメン680円
コーヒー200円
ガソリン5.08L/@137円=695円(燃費36km/L)ほぼ高速。清水
うぐいす茶1080円×2
安倍川もち1080円×2
竹下ナギサヤ6804円
コンビニ600円
スタバ777円
ガソリン4,47L/@154=688円(燃費24km/L)足柄SA
ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしていただくと、リンク先に移動する際に1票入ります。
良かったらお願いします。
にほんブログ村  
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  
 人気ブログランキング
       






nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

オンナ2人ダブルツーリング★鹿沼de紅葉見物 [ツーリング]


こんにちは。先週の金曜日の11月3日に、ミキティさんと鹿沼の古峯神社へ行って来ました。
目的は紅葉の庭園とお抹茶です♪(╹◡╹)

2人だけで走るのは久しぶり。
いつぶりかしら?昨年の12月に大洗まで2人で走った時以来?みたいです。
2人だとついマッタリしてしまうので、危険なのですが・・・(笑)

直前にミキティさんからのメールで決まったツーリングで、しばらくぶりのツーリングに不安と期待でいっぱいでした。

〈前日〉
仕事から帰宅後、すぐにタイヤの空気圧をチェックして入れていたら子供達が帰宅。慌ててごまかす。(笑)

久しぶりなので季節が変わっていて、ウエアを真冬仕様で準備する。

ETCのキャンペーン、首都圏ツーリングプランにネットで申し込む。
ETCカードの番号とバイクのナンバーなどを入力して、希望のコースを選択する。
(行きと帰りの両方が圏外の場合は使えないらしい。)
二日間、申し込んだ区間を乗り降りするのが2500円になるようです。(11月30日までのキャンペーン)
8EC37377-CF34-44AC-B88E-54856809EFF4.jpeg
〈当日〉
朝4:58にアラーム無しで目覚める。私ってスゴイ!(笑)
外はまだ真っ暗で、季節の移り変わり実感する。
1人だったらもう一度布団に入る感じだ。

でも今日は鹿沼インター近くのコンビニで9時に待ち合わせ。
6時に出てのんびり行くことにする。

久しぶりの膝パッド付き革パンに足を通す。

6時近くなると空が白み始める。

私、ちゃんと走れるかな?

またキーを抜き忘れないように気をつけなくちゃ。
06D692AA-BD13-4E90-A03C-5C902DF83520.jpg
様々な不安は走り出すと風に乗って飛んで行ってしまった。

高速に乗り走り出す。
眼下の田んぼはまだ金色の稲穂が残っているところもあり驚いた。
台風の影響で苅りとれなかったのかしら。
刈り取る前の金色の田んぼは見るだけで幸せになれる気がした。

80キロくらいで走るトラックの後ろをのんびり走る。

久喜JCTから東北道に入る。
JCTは少し詰まっていたけど、心配したほどじゃなくてホッとした。

なにせ、約一ヶ月ぶりの晴れの週末だ!しかも、二週連続で関東地方には台風が来ていたのだった。

思ったよりも暖かく、順調に佐野SAに到着。
ここで朝食タイム♪
DCFC58E0-BCE5-440A-AC86-80DF57DFAA48.jpeg
パン屋さんでシナモンロールとハムチーズロールを買って、

軽食コーナーでドリップコーヒーを買うとバイクの所に戻って色んなバイクを眺めながらいただいた。
6A643490-4E2C-47A5-8A0D-91AE30EE363B.jpeg
タンデムのカップルや、それぞれのバイクに乗ってるカップルがいたので、女性ライダーさんのほうに軽く挨拶をしてみたり。

久しぶりの晴天に嬉しそうなライダーさんたちの笑顔がはじけていた。

ここから待ち合わせ場所までは割と近いので一安心。
サービスエリアの駐車場から次々に出発するライダーさんたちが、減速せずに走って行くのを見て、私は歩行者を優先しようと思い、一旦停止した。

すると、母親に抱かれた小さな男の子が、私に手を振っていた。

私は男の子ににっこり微笑んで、発進した。私の事、仮面ライダーの仲間だと思ってくれていたのかな?

鹿沼インターで高速を降りると、うっかり反対方面に向かってしまった。

イチョウ並木が黄色く色付き、美しかったので写真を撮ってUターン。
E42C951C-9361-4A17-916C-69ECCDD4B35E.png
待ち合わせのコンビニに着くと、ミキティさんはまだ来ていなくてホッとした。

すぐにミキティさん登場!
慌てて写真を撮った。
94B05DBB-775E-4BAE-9C28-8E2C8927C6C1.png
しばらくコーヒーなど飲みまったりと・・・(笑)
9466D463-1112-4D76-A5A9-DA3A019C1D83.png79E5BE8A-6657-48A8-97E6-6C9F5926A4A7.jpeg
ミキティさんの後に続いて古峯神社を目指す。

里山の風景に緊張感がほぐれていった。

田んぼと線路だけしかないようなローカルな道を走ったりしながら、気づくと古峰原街道に入っていた。

件のカフェを通過して、川沿いを走る二台のダブル。

どるどるどる〜

この道は空いていて走りやすく、風景も楽しめる。

川沿いに駐車スペースがある所でミキティさんが停まってくれた。
0A63EEFC-6B1C-4F63-B7A1-023F1D7843B6.jpegA78EF077-B7A8-4E2B-A56C-B3F81FCFDAC3.jpegEFCAA2A0-DFFB-4289-8455-36A262F3C0C0.jpeg
川の水の澄んで美しいこと。
DC79EDAE-C4C6-4A38-8692-4DC3CBB4270E.jpegE5C8DE7C-D10D-447C-A597-B8B64E363689.jpeg
橋まで歩いてみたりして、しばし川を楽しんだ。川の向かい側はキャンプ場のようだった。
3DDD82C4-B355-417F-8FF7-F0731EFC5ABF.pngC2981C8F-75E6-4DC8-B186-ECC44E4CFC9F.jpeg

4B72BE92-9EE3-463B-980B-1A78593AE3AE.png6BF8F01E-1BEE-4AD7-9CFA-455F89742307.png

この時点でかなり満足していたオンナ2人。やばいやばい、まだ到着してないよ~(笑)


再び走りだし、茶色い大鳥居をくぐり抜けると空気がヒンヤリとしてくる。


カーブに番号があり、5番目のカーブの大きな不動明王の像のある神社でバイクを停めた。
8F1AF355-75E3-42ED-9DE6-2BD6BB002864.png
ここ、前回すごく気になっていた。いきなりこんな所に・・・
紅葉した山の美しさと不動明王の顔の怖さが不思議なバランスだ。
不動明王と記念写真を撮った。
8592243B-A827-4237-9825-B9096CD94714.png64DFD12D-8B0B-4B70-81F5-DC8B452834C2.png
神社は山の上にあるようで、先を急ぐためパンフレットだけもらい出発した。
9F5AEC41-E0C1-4C60-817F-50868A1BBDD5.png
真っ赤に紅葉した山が遠くに見えていた。
途中、東京スカイツリー634mと同じ標高という看板があった。
道理で涼しいわけだと納得。

だからこんなに紅葉してきているんだな。


道はすいていたけれど、古峯神社内の駐車場はとても混んでいて、最初に停めた場所でバイクを移動するようにお土産屋さんの人に言われ、仕方なく神社左側の駐車場へ行くと、とても大きくて広くて平らな駐車場があった。(平らなのが重要)今度からは、ここに停めよう!(って、また来るのかな?)


古峯神社は紅葉が、紅葉が、紅葉が~~~~!!

3BFA2D02-50C1-4DA4-990D-84C2FC3C8A8A.jpeg7DE0DB53-B5C4-4AFE-8485-701F12983B2D.jpegF034D617-09B7-4164-8288-05F337E6813E.jpeg

真っ盛り。多くの人が紅葉を楽しんでいた。七五三の子供たちもいて、境内はニコニコ笑顔でいっぱい。

C87348DD-5C06-4CAD-B999-93915359B4B0.jpeg

前回、スルーしてしまった古峯園(こほうえん)という庭園へ。

少し並んで入場料300円を払い中へ入る。

最初に少し石段があり、木立の中を歩いていくと大きな池と石垣、滝が見えた。

ACB4D210-2854-47F1-B728-9ED852C9D560.jpegEAB1CB2A-980B-434E-8E5D-7B947E38EB61.png

茶室があった~♪

771E9CD3-A6E8-4380-8542-5C55BEAAC52B.jpeg78670918-4AB1-465C-BE6A-A9C70E517CF8.jpeg

なんだか、いい感じ~(^O^)

中へ行ってみましょ♪


空いている席で、少し待ってお菓子とお抹茶をいただく♪

16623C51-4578-4785-BA5B-3673B6D01FB8.jpeg

テーブル席だったので、楽で良かった♪


この日の目的を達したオンナ2人は、庭園散策へ。


石垣の上から。

D8814CFC-D7E0-4AFE-B4B5-4CB770CA3CE4.jpegB06A0A5B-83B4-4BDC-9CD1-5AE66AAD3983.png82AEA156-876D-432E-A675-43013E55A5ED.jpeg1DAF4445-5C6C-4B2A-B53C-6EFF52A438CD.jpeg51EBBC6A-0603-40BE-B893-BC48242C8F4F.jpeg17615AF3-FA58-4055-BD50-441C308E3B00.jpeg

静かで、心落ち着く場所だった。冬も素敵そうだけど、きっと寒いだろうな~


こういう時間も大切だねと庭園に心癒されたオンナ2人。


さてさて、お腹が空いてきました。いつもの桜ゆべしをお土産にして、古峰原街道を戻る。

途中のカフェに入ってみることに。

3DCC88A5-4E56-4A11-ACDF-5F75B014A825.jpeg

とても賑わっていてびっくり。お昼にありつけるかしら?

カレーとナポリタンのランチからカレーを選ぶ。

BAAAFC3C-F3BD-40F7-961F-AF7CC86FACF6.jpeg

めっちゃおいしそう!

おいしくて感激~(家のカレーを想像してた)

デザートのケーキもおいしくて幸せ♪

こちらのカフェ「ポム・ド・パン」さんは、金土日の営業のようです。

16B96523-1925-4A09-8420-6DA3351A2884.jpeg

掘りごたつの和室でのんびりくつろいでしまったオンナ2人なのでした。

だいぶ日が傾いてきましたよ~

6689C8DD-B542-4B26-9CB1-DE2E0DA3E606.png

そろそろ帰りましょうか・・・

鹿沼インターまで一緒に走って、ばいば~い!


給油して高速に乗ります。

東北道が事故渋滞のため、北関東道経由で関越道へ。

途中の波志江PAにて休憩。日が暮れてしまった・・・。ヤバいぞ。

928AD1C8-9B40-4B25-AA36-6D1EFB641901.jpeg

チョコレートで疲労回復を図る。

案の定、関越も事故渋滞が始まってしまい・・・

のろのろのろのろ・・・時々止まって足をついたり・・・

かなり拷問的な渋滞。(笑)


再び寄居PAで休憩。クリスマスっぽくてカワイイのだが、牛のにおいがすごい!(笑)

CA00B3EC-E992-41CC-BD00-2C00AD65371D.jpeg

画面をこすると牛のにおいが・・・しません。(笑)


さて、どうしましょう。

結局、渋滞に耐え切れず、花園で降りて下道で帰ることに。


下道はとても空いていて、暗くて、道路工事の後で・・・

r30の道の中央部分を掘り返して埋めたような仮止めっぽい50センチ幅のギャップが怖かった。

(バイクの事を無視した工法だと思う・・・泣)


8時半頃、無事に帰宅。

娘がニコニコして出てきて、「ママ、お風呂沸いてるよ!」だって。

0C4DBCA7-FD8F-4400-93EF-B5823969AEAA.jpeg

11月のツーリングではいつも渋滞で痛い目に遭っているネ。(笑)


最後は大変でしたが、とっても素敵な時間を過ごせてリフレッシュできました!

ミキティさん、だんなさん、子供たちありがとう~(^O^)

これでまたしばらく頑張れそうです。


この日の走行距離339キロ



ガソリン7.67L/@131円=1005円(燃費22.1km/L)

チーズハムパン160円

リンゴシナモンロール164円

ミンティア103円

カフェラテ150円

古峯園入園料300円

お抹茶(お菓子付)600円

ランチ(ポム・ド・パン)1000円

ガソリン6.12L/@131円=802円(燃費30.7km/L)




ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしていただくと、リンク先に移動する際に1票入ります。
良かったらお願いします。
にほんブログ村  
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  
 人気ブログランキング
       


nice!(3)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク

聖天院勝楽寺de雷門と高麗王に出会う★巾着田の曼珠沙華ツーリング(2) [ツーリング]

続きです♪(^^)
割と狭いバイク駐車スペースになんとか停めて、曼珠沙華公園へ。
image.jpeg
とっても喉が渇いていたので、缶コーヒーを一気飲みして、
さらにアクエリアスを買いました。
この日は久しぶりにお天気が良くて30度越えしていました。
でも秋らしく湿度は低くて気持ちの良い暑さです。
300円の協力金を払って中へと入ります。
入り口付近(屋台村の所)から川沿いあたりはよく咲いていて、
見応えありました。
image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg
三分咲きって書いてあって、中へと進むとニセアカシアの木立の中の群生地はまだ蕾のものもたくさんあり、真っ赤な感じではなかったですが、やはり見事で感動しちゃいます。
image.jpegimage.jpeg
元気にすっくと立って凛と咲いていました。
この日は下見のつもりで来たので、スマホでビデオに撮ったりして楽しみました♪(≧∇≦)
(インスタグラムにも動画アップしています♪)
何度来ても心癒される巾着田の曼珠沙華公園。
変わらない事がとても素晴らしいです。
この日は金曜日で、土日に台風が来る予報のせいか、平日にしては多くの人が見に来ていました。
いつまでも多くの人に感動を与えて下さい・・・(≧∇≦)と、祈る。(笑)
この分なら、天皇陛下も楽しまれる事でしょうね、、良かったぁ(≧∇≦)
河原に下りると高麗川の清流に魚がたくさん見えました。
砂利を踏むと魚が動くので面白い!(#^.^#)
image.jpegimage.jpeg
これは釣れそう!(笑)
すっかり釣り好きな息子目線になってます。
今度子供達と遊びに来ようっと(^^)川は浅いし、小さな魚がたくさんいて楽しそう。
川の近くに腰を下ろすと、ホントに気持ちが良くて、癒されます。
思わずブーツを脱いでいました。(笑)
image.jpeg
この解放感・・・
素敵かも。
ライディングブーツを脱ぐとかなりリラックスします。
雲の姿は夏から秋へと。
トンボがたくさん飛んでいて、眺めていると上杉謙信の兜の前立を思い出したりして、米沢の宮坂考古館にワープしてました。(笑)
お腹が空いていたのでキムチとクジラの皮入りの高麗鍋(ひもかわバージョン)を食べました。(500円)
image.jpegimage.jpeg
結構量があって大根などのお野菜もたっぷりでお腹いっぱい!
日高市のB級グルメです。来るといつも食べてます(≧∇≦)
そして、お約束の加藤牧場のジェラート♪(#^.^#)
栗ジェラートにしました。
暑くてすぐ溶けちゃう!
image.jpeg
聖天院と巾着田、そして日高市グルメが最高な1日となりました。
最後に日本酒のコーナーを覗くと、高麗王で有名?な、長澤酒造さんのコーナーでした。
image.jpegimage.jpeg
お話した方が杜氏さんで、優しい雰囲気の方で、麹にも優しく接してそうな感じの方でした。(笑)
純米ひやおろしをgetして帰路につきました。
image.jpeg
他にも色々なお店が出ていて楽しめるのですが、子連れだとなかなかウロウロできないのでこの日はゆっくり見られて良かったです(^^)
image.jpeg
この日の3日後の18日に、電車で娘と巾着田に来ることになりました。(笑)
現地で姉と母と合流。
この時、満開の曼珠沙華に会えました。
そして、有名人の生放送ロケ現場に遭遇したのです。(私も映った!)
その様子はまた次に書きますね〜♪
(≧∇≦)

ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしていただくと、リンク先に移動する際に1票入ります。
良かったらお願いします。
にほんブログ村  
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  
 人気ブログランキング
       

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

聖天院勝楽寺de雷門と高麗王に出会う★巾着田の曼珠沙華ツーリング(1) [ツーリング]

こんにちは。


昨日(20日)は天皇皇后陛下が巾着田や高麗神社を訪れたそうですね。

なんだかとても嬉しいです。


15日はオフでした(≧∇≦)
巾着田に曼珠沙華を見に行こうと思い、近辺に素敵な場所がないか地図で探していたら、聖天院勝楽寺という所がありました。
高麗神社のすぐ近くのようです。高麗神社には行ったことがあって、
前の道を通ったことはあるけど、少し中に入るせいか、気づきませんでした。
写真を見る感じだと仏像や木彫の像などがあり景色の良さそうな所です。
そこへ行くことにして、いざ出発!
image.jpeg
・・・と、その前にダブルの空気圧ののチェックです。
だいぶ抜けていました。(^◇^;)
空気入れで適切な空気圧にして出発です(≧∇≦)
走り出すといつもホッとします。
聖天院勝楽寺はr30からだと北平沢の交差点を曲がります。
高麗神社を過ぎると右に看板が出ています。
駐車場は砂利です。(^◇^;)
image.jpeg
天下大将軍の石塔の横にチョイと停めて境内へ。
他にはほとんどひとけはなくて穴場っぽい感じです。
image.jpegimage.jpegimage.jpeg
いきなり現れる雷門に驚き!
image.jpegimage.jpeg
とても古そうで渋くて、、
か、雷門?
浅草以外にもあったんだ・・・!
門の提灯の左右には風神と雷神?
これは珍しい。
image.jpegimage.jpeg
とても凛々しいです。
(帰宅してから雷門とは風神雷神門の略だと知る。)
image.jpegimage.jpeg
何も知らずに来てしまったけど、300円の拝観料を支払うと受付の女性の方が境内の説明をしてくださった。
ぐるっと回って30分程度で、展望台や鐘楼、左奥には無縁仏の慰霊塔があるとの事。
ある意味山寺で、入り口にはお地蔵さまがあり、一番初めに目に入るのは白や黄色の曼珠沙華が咲く庭園。静けさがとても素敵♪(≧∇≦)ほとんど人いないし・・・。
image.jpeg
そしてその近くに阿弥陀堂。
image.jpegimage.jpeg
回して呪文を唱える装置があって、唱えてみる。
これでお経を唱えたことになるらしいです。
阿弥陀堂ってことは、阿弥陀如来像だよね?
帰ってから家にあった仏像の本を読んでみようと思いました。
(帰ってから読んだ「やさしい仏像」によれば、阿弥陀如来像は極楽浄土へ迎え入れてくれる役割を持つ如来さまなのだそうです。)
この本とてもわかりやすくて面白かった!
最近、義父の趣味で石仏巡りなどをする機会があり、息子が仏像にハマり、私も少しずつ興味を持つようになりました。
石段を登ると、大きなマッチョな石像(仁王像?)がお出迎えしてくれました。顔怖いけど・・・(笑)
image.jpegimage.jpegimage.jpeg
このお寺を守っているんだね。
本堂前には三春滝桜の枝垂れ桜があり、春には素敵そうです。
本堂には不動明王が祀られているという事で、小さ〜く見えました。
image.jpegimage.jpeg
怒りの形相の明王、結構好きです。(子供を怒る時の自分に重なる!?(笑))
image.jpeg
鬼瓦も高麗風でした。
image.jpeg
建物の入り口にある木彫が素敵です。
本堂の移築時に石山が発掘されてそのまま保存されているそうです。
仏を探せ!?的な配置です。
image.jpeg
鐘は1回100円と書いてありました。
image.jpeg
左奥へと進むと供養塔とカラフルな韓国風休憩所?が見えてきました。
image.jpeg
image.jpegimage.jpegimage.jpeg
ここは日本の真ん中で風水的にとてもいい場所、パワースポットだそうです。
さらに上に山を登ると1人の男性の像が街を見下ろしていました。
誰だろう?檀君さんという方のようです。
image.jpeg
この街もここからこうして見守られていたんだ・・・(≧∇≦)
展望台には古〜い大きな石灯籠があり、ツクツクボウシの大合唱でした。
高低差のある珍しい庭園や、高麗王霊廟など、静かさの漂う、異国の雰囲気も感じられるお寺で、
独特の雰囲気でした。
image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg
巾着田へはすぐ近くです。
image.jpegimage.jpeg
ダブルの動きがなんだかギクシャクして焦りました。
ガス欠?
ではないはずですが、ガス欠の時っぽい感じで動きが怪しかったです。
なんだろう?
しばらくすると普通になったので良かったです。
巾着田の駐車場は砂利でした。
image.jpeg
続く
ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしていただくと、リンク先に移動する際に1票入ります。
良かったらお願いします。
にほんブログ村  
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  
 人気ブログランキング
       

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

おくのほそ道ツーリング★4日目(2)福島県岩瀬郡鏡石町で黄金の温泉に出会う(≧∇≦) [ツーリング]


続き(最終回) です。

新宮熊野神社の宝物殿で大切にされてきたお宝さまたちと出会い、感動覚めやらぬまま神社を後にしました。

image.pngimage.jpeg

素敵なところだったなぁ〜


少し進んだ辺りで道の確認のため停まるだんなさん。


あれ?急にいなくなる。


ちょっとダート走りたかったらしいです(^◇^;)(笑)




さあ、行き先の山には雨雲がかかっているのが見えます(>_<)

image.png

やだなぁ


でも進まない訳には行かないもんね。

トンボと同じ(?)、前進あるのみ!(T_T)


その後、r21を右折し、R252を左折。 

案の定、少し東に向かって走ると降り出しました。


ちょうどいい所に道の駅あいづ湯川・会津坂下があり、ピットイン!

image.jpegimage.jpeg

カッパを着てバッグ類にカバーをかけます。


猪苗代湖の手前でR254へと右折し、山道に入ります。

晴れていれば楽しい道かもしれませんが・・・(^◇^;)


再び目の前が真っ白なくらいの豪雨の山道を走る事となりました。


・・・が、だんだん晴れてきました。ホッ


一車線の道が続くので単調ですが、トラックに先導されつつ進んで途中カッパを脱ぎました。

image.jpegimage.jpeg

このルートは東北道近くになると開けてきて田んぼに囲まれて山を眺めながら走れて気持ちいい(^ν^)

日が出てきて暑くなってきました。

青空も見えて最高の気分です。

image.png

天気の変わり目を感じる瞬間の多いツーリングです。

最近ゲリラ豪雨が多くてホント恐怖です。


途中、r289へと左折して、集落の間の道を走ります。

郵便局や床屋さんがあって、人々の暮らしが感じられてほのぼのとします。

そういえば羽黒山にも床屋さんがあり、早朝から営業していました。


うちのおばあちゃんも床屋さんだったんですよね・・・(^ν^)


高速の鏡石PA付近を過ぎて、すぐ右だったのを通過してしまい、次の角を右へ。


スマホの地図に教えてもらって右→右で何とか辿り着けました(≧∇≦)

image.png

小さなこぢんまりとした温泉。


1人だけ先客がいましたがとても空いている。

後から2人入ってきて、3人は地元の人同士のようで挨拶してました。


お湯は金色で、とてもぬるくて真夏に入るのに最適!

それに、日本一のアルカリ泉らしいとかで、とてもすべすべします。


ここは穴場だな〜(また!?)


今日は穴場ツーリング?(笑)

ツーリングマップルって本当に素敵な地図です♪

最近字が見えにくいような気がしなくもないけど・・・(^◇^;)


この温泉で汗を流せてとてもスッキリしました(≧∇≦)


500mlのペットボトルに温泉のお湯をいただいて・・・(飲めるそうです)

image.jpeg

さて、いよいよここから超苦行の高速走行に向けて走ります。(-。-;


下道を少し南下して高速に乗ります。


上河内SAで餃子ランチ。

image.pngimage.jpeg

いちごソフトとスムージーも♪(≧∇≦)半分こして。


再び雲行きが怪しくなり、レーダーを見てカッパを着込みます。


この先から、ひどく渋滞しているようです。嫌だな〜(^◇^;)

現実逃避モード(笑)


スマホの地図でルート検索すると・・・次のインター、宇都宮で下りて、下道をひたすら南下すれば圏央道の五霞インターに着くみたい。


のろのろと高速で雨に打たれながらストップ&ゴーをしたくない私達は、下道からで五霞まで行くことにしました。

実際、渋滞は晴れててもとても辛いので、雨なら尚更です。


下道の国道(新4号小山バイパス)は・・・以前に走ってみんながぶっ飛ばしてる道とは知っていましたが、やっぱりそうでした。(^◇^;)

夜で雨で見えにくくてちょっとキツかったけど、雨の高速でストップ&ゴーよりはましかな・・・

半端ない集中力が要求されます!

直線なのがありがたい。(笑)


途中、すっかり店じまいしかけた道の駅に立ち寄り、クエン酸ドリンクで疲労回復!!

最近はいかに疲労回復するか、色々考えます。

image.jpegimage.png

圏央道にやっとこさ辿り着けました。長かったー!(-。-;


再び菖蒲PAで最後の休憩。(写真はナシ)


だんなさんがかなり疲労していて、カレーで元気チャージしてから出発です。

私はナッツ(柿ピー)とクランベリーなどの入ったパウンドケーキで疲労回復♪(≧∇≦)

もうちょっと頑張ろう!


最後、圏央道での合流でヒヤリとした出来事がありましたが無事に帰って来られました。

(合流で入ってくる車を避けるためにだんなさんと追い越し車線に入ったのだけど、後ろから速い車が来てしまい、元の車線に何とか戻らせてもらったという・・・(^◇^;))


10時40分帰宅しました♪ 

image.jpeg

この日の走行距離は345km


お盆時期は帰りがどうしても渋滞でキツくなってしまうけど、それは仕方ないとして、全体を通じてとても素晴らしいツーリングでした。

やっぱり文学×歴史×ツーリング×絶景×グルメの全てが楽しめてツーリングとは最高の体験だと思います。


初めてのw800とのロングツーリングでしたが、とても走りやすくて、楽しみながら走ることができました♪(≧∇≦)


取り回しが重たくなり少し大変でしたが、ポジションが良いのかシートが良いのか、振動が少なくて良かったのか、疲れたな〜と感じることはあまりなかったです。


ずっと前を走ってくれただんなさんには感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。


反対にだんなさんは今回のツーリングで以前に比べ疲れを感じたそうです。


そして、今回のツーリングでバイクの乗り換えを決意したそうです。(kawasakiのklx250からsuzukiのvストローム650へ・・・以前のツーリングマップル東北で賀曽利さんが乗ってたバイクです。)


来年の夏はもっと北へ行きたいです♪(≧∇≦)




今回のツーリングの総走行距離は1190kmでした♪(≧∇≦)


この日のタイムテーブル

6:00 起床

7:40 たんぽぽ亭 朝ラー

9:25 新宮熊野神社 長床・銅鐘・宝物殿見学

10:30 神社発

11:10 道の駅あいづ湯川・会津坂下 カッパを着る 豪雨再び

11:50山道途中の駐車場でひと休み

13:00弘法不動の湯着

14:00過ぎ弘法不動の湯発

16:30上河内SAでお昼(!?)宇都宮餃子

18:00宇都宮で高速を下りる

19:30国道4号沿い道の駅

21:00道の駅菖蒲

22:40帰宅



本日の出費

喜多方ラーメン700円くらい×2

新宮熊野神社拝観料300円×2

弘法不動の湯530円×2

ガソリン5リットル×@121円=605円

宇都宮餃子定食800円くらい×2

いちごソフト400円

いちごスムージー550円

クエン酸ジュース150円

ガソリン7リットル×@121円=847円

コーヒー250円

おやつ600円



弘法不動の湯 鏡石 温泉 日帰り温泉 銭湯 福島 岩瀬郡 弘法不動




長いツーレポになりましたが、読んでくださってありがとうございました*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*





ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしていただくと、リンク先に移動する際に1票入ります。
良かったらお願いします。
にほんブログ村  
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  
 人気ブログランキング
       

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

おくのほそ道ツーリング★4日目(1)喜多方で朝ラー♪(≧∇≦)重要文化財なお宝と出会う [ツーリング]

2017年8月13日(日)曇り 気温25度くらい?


会津の里ユースホステル〜朝ラー〜新宮熊野神社長床〜宝物殿〜弘法不動の湯〜帰宅


いよいよ今回のツーリング最終日となりました。(T_T)

この日はおくのほそ道から大分離れます・・・(笑)


夜は雨が降っていましたが、朝起きると雨は止んでいました。

image.jpeg

喜多方では朝から営業して朝ラーができるお店が複数あるとの情報をユースホステルの方に聞いて、オススメのお店へ行ってみました♪

まさかの展開でしたが・・・


とりあえずR121を北上して、喜多方警察の角R210を左折・・・


・・・と、既に行列していて、三角巾に白衣の女性がこう言いました。

「今、ひゃく○○にん待ちで、約2時間かかります。」


な、なんじゃそりゃー!!(>_<)


朝の7時過ぎなんですが・・・(^◇^;)


仕方がないので、予備として教わったお店へ行ってみると、既にお店の外まで行列中。しかも駐車場が無さそう。


困って2件ほど通過して、信号待ちでだんなさんが「もう帰ろう」

と、ちょっと怒り気味の声で言ってきた。


気持ちは完全に塩ラーメンモードになっていた私は

「さっき通った所に大きな駐車場のあるラーメン屋さんが営業してたから、そこへ行ってみようよ!」

と提案。

するとだんなさんは

「じゃあ案内して」(←かなり不機嫌?(^◇^;))と言う。


仕方なく先を走り何とか到着。

image.png

すると、おぉ!ここは老麺会のメンバーのお店のようです。

(ラーメンマップに載っていたけど、朝の営業はしていないという内容の時間が載っていたお店)

私ってやるね(笑)


少し待って、割とすぐに座れました。


もしやここは穴場なのでは?


色々あってどれもおいしそうでしたが、2人して塩ラーメンを注文します。


思っていたよりも待った後、、ラーメンが運ばれてきました。


ワォ!

image.jpeg

塩味のスープが美味しい!


麺は縮れ麺で、割と濃い黄色の麺です。


ありつけなかったかもしれなかった喜多方ラーメン*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

食べられて本当に良かった〜T^T

夢中で食べて、(笑)大満足♪(≧∇≦)


再びユースホステルに戻ります。


朝からラーメンなんてビックリしたけど、7時過ぎに1○○人待ちとか、そっちの方にビックリ。


また喜多方に来たら、リベンジしなくては。(≧∇≦)

喜多方素泊まりならではの楽しい朝ラーでした。


荷造りをしたらユースホステルから新宮熊野神社へ向かいます。


ここはだんなさんが行きたいとのリクエスト。


長床という、古い建築物があるとか・・・?


ユースホステルの北側の交差点を左折して、r61 をしばらく走り、r 21を右折すると看板がありました。


看板を左折して再びr61で田んぼの中ののどか〜な道を進んで行くと、しめ縄のかかった年月を感じさせる木製の鳥居が見えてきました。

image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg

鳥居のかっこよさにかなりウットリ(笑)

おじさまが、「中はもっとすごいよー(笑)」って。

朝イチなので人はまばら。写真を撮ってるおじさまと数人でした。


拝観料を払って参道を進むと、数段高くなった所に大きなイチョウと、何本もの太い柱に支えられた拝殿(長床)がありました。


image.jpegimage.jpegimage.jpeg

壁や襖などは一切ない吹き抜けの茅葺屋根の広い舞台のような空間です。



※音が出ます!!(蝉の声)

福島県喜多方市の新宮熊野神社 大イチョウと長床(国重要文化財) 喜多方で朝ラー(朝からラーメン)したあと、ユースホステルに戻り、朝イチで訪れました。 太い柱が立ち並ぶ茅葺の拝殿が「長床」です。 境内には福島県内で最古の銅鐘があり、つくことができました。 (県重要文化財・国重要美術品) 宝物殿にある木造文珠菩薩騎獅像などが素晴らしかったです。 (県重要文化財) #新宮熊野神社#長床#喜多方市#大イチョウ#狛犬#源頼義#源義家#パワースポット#銅鐘#平安時代#鎌倉時代#TheKumanoShinguShrine #longfloor #kitakatacity #bigtree #pairofstoneguardiandogs #YoriyoshiMinamotono#YoshiieMinamotono #powerspot #copperbell #Heianera #Kamakuraera#japan#福島県#喜多方市#重要文化財#重要美術品#nagatoko#komainu

pirateさん(@w650pirate)がシェアした投稿 -



驚いたことに、靴を脱いで上がれるみたい。

image.pngimage.jpeg


ひんやりとした風が心地よく吹き抜ける拝殿は広々としていて、ここでどんな風に人々がお祈りしていたのかな?と、妄想したりして。(笑)




高い石段の上には小さな社が3つありました。

image.jpegimage.jpegimage.jpeg

苔むした階段を下りると、地元の人っぽいまた別のおじさまが、

「ここの鐘はついていいんだよ。ついてごらん」

と言って下さいました。

image.jpegimage.jpegimage.jpeg

歴史のありそうなこの鐘・・・

け、県の重要文化財って書いてあります。

いいの?

恐る恐るだんなさんが先につくと、とても優しい音がしました。


image.png

続いて私も♪(^ν^)
結構力を込めてつきました。

image.png

多くの人がこの鐘の音を聴いてきたんだろうなぁ。

藩主も農民も・・・

そして、これからも。


喜多方観光物産協会ホームページより新宮熊野神社の説明
「天喜3年(1055)源頼義の勧請とされる古社。拝殿「長床」は平安時代の寝殿造りの建物で、直径1尺5寸の円柱44本が等間隔に5列並んでおり、全部吹き抜けになっている。併設されている熊野神社宝物殿には銅鉢をはじめ、多くの国、県指定文化財が保存されており、拝観することができる。 
【所有文化財】
長床・銅鉢(国重文)
熊野神社本殿・御神像・大般若経・木造文殊菩薩騎獅像・鰐口・銅鐘・牛玉宝印版木 他(県重文)
木造薬師如来坐像及び木造十二神将立像・木造狛犬 他多数(市重文)」


宝物殿には平安時代からの仏像や宝物があり、特に獅子の背に跨った仏像が、すごい迫力です。


しかも、色んな仏像の背後からも見ることができ、背中側の細工なども鑑賞できました。


これを作った人、そして、これを大切に守ってきた人々、祈りを捧げた人々・・・


たくさんの、今の自分に繋がる人々が感じられました。


穏やかなお顔がとても美しかった。


ここの宝物殿は神社の拝観料を払うとセットになっています。


長床を見た後は、ぜひ訪れてみて下さいね♪

image.jpegimage.jpeg


image.jpegimage.jpeg


さて、少し雲が増えてきました。黒くて嫌〜な感じ。

磐梯スカイラインのリベンジはあきらめ、この後猪苗代湖の南側を通り、東北道の近くにある温泉を目指すことにしました。

image.jpeg

この温泉がまた、スゴかった!

(途中の雨もスゴかった・・・(^◇^;))


続く




〈参考〉
新宮熊野神社と長床|神社・仏閣|見る・感じる|喜多方観光物産協会




ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしていただくと、リンク先に移動する際に1票入ります。
良かったらお願いします。
にほんブログ村  
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  
 人気ブログランキング
       







nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

おくのほそ道ツーリング★3日目(2)米沢で戦国武将の甲冑に出会う [ツーリング]

おくのほそ道ツーリング★3日目(2)立石寺〜宮坂考古館〜会津の里ユースホステル


 商正堂さんでおまんじゅうを食べて、一息ついた後、再びバイクウェアに着替えた私たちは12時すぎくらいに立石寺(山寺)を出発しました。


出る時には人も車も増えていて、お昼時でお店も大賑わいでした。


天気が心配なので次の目的地、米沢まで行ってしまう事にしました。


ひたすら国道13号米沢街道で南下します。

目的地までは68kmの距離で、だいたい1時間ちょっとかな?と思っていました。


しばらくは山形の中心地が近くて都市っぽい風景で、流れは速いけど、信号やお店への車の出入りもあり気が抜けません。


山道に入っても交通量は多かったです。


米沢に近づいてくると昨年も来たので懐かしい感じです。

今年も来られるとは思っていなくて、とても嬉しい♪(≧∇≦)


気温が上がってきて、暑い・・・そして眠い・・・(^◇^;)


ノロノロ進んでいる時に、だんなさんが地図に気を取られ、前のタクシーに追突しかけて「アブナイ!」と大声で叫んだ・・・。

びっくりして急ブレーキ!あわや立ちゴケ!?

足の長いだんなさんは何とか持ちこたえて無事でした(^◇^;)


ノロノロの追突・・・ぶつかりゴケに繋がり恐ろしいです。


やっぱり1時間に一度は休憩必要ですね。


13号のガソリンスタンドの所から喜多方市方面へ右折だったみたい。通り過ぎちゃったけど・・・(^◇^;)

ちょっと迷走しつつも、やっとこさ到着です。

image.jpegimage.jpeg

大学生1人、大人1人の料金を払って中へ。


中はこぢんまりしたスペースで、名だたる武将たちの甲冑などが展示されていました。

image.jpegimage.jpegimage.png


上杉謙信所用の鎧兜「素懸白綾威黒皺韋包板物腹巻(すがけしろあやおどしくろしぼかわつつみいたものはらまき)」トンボの前立がかっこいい!トンボは後退しない事から、武士に好まれた意匠なのだとか。


伝・上杉綱憲所用の「本小札紺絲威胴丸具足(ほんこざねこんいとおどしどうまるぐそく)」大きな輪の前立がかっこいい!



直江兼続所用の「浅葱絲威錆色塗切付札二枚胴具足(あさぎいとおどしさびいろぬりきっつけざねにまいどうぐそく)」浅葱色の糸の美しい鎧兜♪(≧∇≦)


そして、前田慶次所用という甲冑。

前田慶次について全く知らなかったのですが、そういえば以前ベテラン司書の方からオススメされた本が「一夢庵風流記(隆慶一郎著)」という前田慶次が描かれた本でした。このツーリングをきっかけに、この本を読んでみようと思いました。(今、読んでますが、結構面白いです♪(≧∇≦)なかなかのかぶき者)



甲冑や米沢に関する本も自由に読めるようになっていて、中でも初めて見たこの本がとても素晴らしく、目の前にある甲冑が載っていて感激!(≧∇≦)今ホンモノの前にいるよ!私たち(笑)

image.jpeg

(後日、偶然コンビニで見つけて同じ本を購入)



別室の火縄銃や玉造の道具などを見て、宮坂考古館を後にしました。


その後給油して、R121八谷街道(会津街道)で喜多方市方面を目指します。


途中の道の駅田沢でお昼ご飯にする事にしました。


・・・が、お蕎麦などの食事は既に終了・・・( ̄◇ ̄;)ガーン


すると、玉こんにゃくと、外で売ってるパンがあるとの情報が。

image.jpegimage.jpeg

パン屋さんが外でお店を出していて、何とかお昼ご飯にありつけました♪(≧∇≦)

パンもすぐに売り切れ、かなり危なかった〜(^◇^;)


道の駅を過信してはなりませんね。


さて、出ようかというところでポツポツ雨が・・・


走り出して山道に入ったあたりでザァザァ降りに。(泣)


さすがに路肩でカッパを着て、再び走り出します。カッパってありがたいなぁ。雨がビシビシ当たります。

ヒィィー(>_<)



ネモケンさんが「コーナリングの際にギアを落とすとグリップ力が増す」と動画で言っていたのを思い出し、5速じゃなくて4速にしてみたら、とてもグリップしてる安定感がありエンブレも効いて安心して走る事ができました。


ありがとう♪ネモケンさん(≧∇≦)


それにしても凄いゲリラ豪雨で、目の前は真っ白・・・


自分史上最大級のバイク雨です。

(北海道ツーリングの最終日を思い出しました。)


長〜い大峠トンネルや、いくつかのトンネルがあり、とても助かる!(笑)


途中、雨も止み、何にもない駐車スペースで休憩。

後ろに連なっていた車を抜かせるのが目的とか・・・(^◇^;)スンマセン


自販機もない場所なので、こういう時とか、非常時のためにも、食料や飴や飲み物を積んでおく必要があるなーと思いました。


だんなさんと山寺で買ってきたおまんじゅうでひと息ついて、塩チョコ飴で塩分&糖分チャージして、再び出発です。


雨が止んでいて暑くなってきたのですが、まだ怪しいのでカッパは脱がないことにしました。


そこからまた山道を走り、左手に視界が開け、喜多方の町が見えてきました!

雲の影が山や田んぼに写って動いています。


土砂降りの雨の中走ってきてこういう絶景に出会うと、何だか妙に感激します。

生きてて良かったー(≧∇≦)

っていう感じと、雨上がりにしか見られない風景との貴重な出会いに胸がいっぱいになります。


バイクって本当に感動をくれる乗り物です。(困難もくれるけど(笑))


雨は時折強く降りますが、弱まってきました。

もうすぐ道の駅喜多の郷、という標識が出てきて、

いったん喜多の郷の駐車場でカッパを脱ぐかどうか?話して、結局脱がないことに。image.pngimage.png

多分、もうすぐなんだけどー。


それからやっぱり少し降られてしまいましたが、喜多方の町の路面は乾いていて、すれ違うライダーもカッパを着ていません。

(山の方はどしゃ降りだよー。気をつけて〜(^◇^;))

晴れていて車も乾いていて私たちだけがずぶ濡れで変な絵です(笑)


バックミラーに映る山に黒い雲がかかっているのが見えました。

もう戻りたくない!(笑)


しばらく行くと喜多方の町だけあって喜多方ラーメンの看板がたくさんありました。

喜多方ラーメン、食べてみたいな。


右側の家具のお店の隣に山口酒店さんがありました。

image.png

ついたー!!

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


ここは酒屋さんが営むユースホステルで、素泊まりです。

ユースホステルのお部屋は、隣のお部屋と襖で仕切られた昔ながらの日本家屋でした。
image.jpegimage.jpegimage.pngimage.jpegimage.jpegimage.jpeg
私たちの他に年配の男性ライダーさんが隣のお部屋を1人で利用しているようでしたが、他には誰もいなくて、私たち2人は広々とした和室のお部屋を使わせていただきました。
ハンガーがたくさんあってとにかく助かりました(^◇^;)

お店の方が案内して下さって、先にお支払いを済ませ(2人で5000円と、リーズナブルに済みました。)、温泉と食事のできるお店、そして朝ラーメン(略して朝ラー)のオススメのお店を教えていただきました。


まずは着替えてずぶ濡れのグローブやカッパを干して、温泉と食事です♪


幸いに、オススメのお店のお蕎麦をだんなさんが予約してくれました。

お盆時期で早仕舞いしてしまうお店が多く、七時半に行くという事に。


ユースホステルから温泉花しょうぶの湯はすぐ近くで、檜のお風呂が気持ちよく、その後温泉からお店粋旬さんまでは15分くらい歩きました。

image.png

町はほとんど灯りもなく、真っ暗・・・(^◇^;)

お盆で人いないのかな?


お刺身や馬刺し、天丼やお蕎麦を頂いて、1日無事に走って来られた事に感謝して乾杯しました。

image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg

このお店が雰囲気も味もお値段もとても素晴らしく、地元の人の勧める店に行ってみるもんだなぁとしみじみ思いました♪(≧∇≦)

素泊まりもまた、素晴らしい!

ツーリングの後のリラックスした時間は本当に幸せな時間です。


今日は立石寺も宮坂考古館も良かったね!このお店に来られて良かったね!と話しながら、

しみじみ、私たちってホントに好みが近くて助かるなぁーと思いました♪(≧∇≦)


翌日はツーリング最後の日。

お天気が悪そうなのがちょっと心配でしたが、この3日間の素晴らしい体験を思い出して満足しながら翌日の朝ラーを楽しみに、眠りにつきました。


4日目は、喜多方ならでは!?

の、朝ラーから始まりました(≧∇≦)


が、、教えてもらったお店は大変な事になっていました・・・(^◇^;)


続く


本日の走行距離 156km


本日のタイムテーブル

6:30起床

7:30朝食

9:00出発

9:20立石寺着

12:00過ぎ 立石寺発

14:20宮坂考古館着

15:40道の駅田沢

17:00道の駅喜多の郷

17:24会津の里YH

18:30花しょうぶの湯

19:30和食処味浪漫粋旬

20:30会津の里YH


本日の出費
立石寺 300円×2
ふもとや 1050円(芭蕉奥の細道旅日記・ワンカップ・ずんだ味のチョコレート)
商正堂 まんじゅうなど1500円くらい
宮坂考古館 300円+400円
ガソリン 5.26L×@139=731円 燃費30.4km/L ENEOS門東町SS
道の駅田沢 お昼ご飯2500円くらい(パン・こんにゃく・カフェオレ)
会津の里YH 2500円×2
花しょうぶの湯 200×2(YH値引き)
粋旬 8000円くらい?
アイス 150円・130円
アイスカフェオレ 180円
宝珠山 立石寺



宮坂考古館|甲冑




写真はサムネイルです。クリックすると拡大します。



ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしていただくと、リンク先に移動する際に1票入ります。
良かったらお願いします。
にほんブログ村  
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  
 人気ブログランキング
       

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク

おくのほそ道ツーリング★3日目(1)立石寺(山寺)で絶景に出会う [ツーリング]

おくのほそ道ツーリング★3日目


ひがしねベアフットユースホステル (山形県東根市)→立石寺(山寺)→宮坂考古館(山形県米沢市)→会津の里ユースホステル(福島県喜多方市)


この日は山形から福島へのツーリングです。


何と言ってもメインは山寺♪(≧∇≦)


しかし・・・

夜中にザーザー降りの山形県東根市。

明日も雨なのか・・・(T_T)


米沢から喜多方への山道も・・・

雨か〜(^◇^;)


かなりブルーな気持ちでしたが、お天気レーダーによると、完全に雨ってわけではなさそう。


淡い期待を抱いてユースのシングルベッドに撃沈(笑)


2017年8月12日(土)


ユースの朝ごはん♪

image.jpeg

お母さんのお料理がどれも本当に美味しかった!


また家族で来ますね!と、ひがしねベアフットユースホステルを出発します。

image.jpegimage.pngimage.jpeg

あんなにザーザー降っていた雨も上がり、カッパは着なくて済みました。

私たちってとてもツイてる!!


山寺までは13号を南下して、道の駅天童温泉の先でr111を左折。


あとはしばらく道なりで、最後に分岐を左へ。


お土産やさんが軒を連ねていて、かつては団子屋なんかがあったのかなぁ?なんて、妄想の中でタイムスリップ(笑)


割と大きな駐車場のあるお土産やさんにバイクを停めさせていただき、トイレでお着替えタイム。(後で500円の駐車料金を払うか、1050円のお土産を買うという約束で)

image.pngimage.png

↑私のバイクの向きを変えてくれてます・・・

すぐ後ろは川です。


ブーツや革パンやジャケットをバックヤードに置かせていただいて、身軽な服装でいざ山寺へ♪(≧∇≦)

image.jpegimage.jpegimage.jpeg

image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg

朝10時くらいでしたが、観光客も多くて、お土産やさんもたくさんあり、羽黒山との違いを感じます。


でも、山門をくぐると鬱蒼とした杉林の中に石段が続き、静寂に満ちていて驚きました。

image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg

もっとも、観光の人が上からも下からもどんどん来るので、静寂は一瞬だけでしたけど・・・(^◇^;)


思っていたほど石段は大きくなかったです。


せみ塚という芭蕉の詠んだ句を埋めたという場所から岩壁を眺めたり、写真でいつも見ていたアノ場所へ・・・。


とても眺望が良く、雨はパラつきましたがすぐに上がり、山々に雲がかかって幻想的な雰囲気に。

image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg

山寺一の眺めという展望台からは山間の集落が見えました。


芭蕉が眺めた時はどんな感じだったのかな・・・。

なんて、想いを馳せながら。






奥の院にお参りして、下山しました。

image.jpegimage.jpegimage.jpeg

後から後から人が来て、大変な賑わいでした。

やっぱりみんな岩にしみ入る蝉の声聞きたかったのかな。


そんな中、ちょっと脇道に逸れてみたら岩にしみ入る蝉の声を体感できました♪


※音が出ます



もっとも、芭蕉は実際の様子を描写したのではなく、心の風景を詠んだのかもしれませんが・・・。


松尾芭蕉が西行や歌枕や歴史上の人物を辿って旅をしたように、私もまた、過去の旅人や芸術、史跡を辿りながらだんなさんと2人ツーリングを楽しむというこの状況・・・

20代の頃には全く想像してなかった!

(歴史に全く興味が無かったし・・・(^◇^;))


文学や古典などの本に親しむうちに、いつしか訪れてみたい場所が増えていたのでした。


山寺はずっと憧れていたので、来る事ができて本当に良かったです。


芭蕉とツーショットも撮れました!(笑)これは曾良さんとのスリーショット

image.png


秋もまた、紅葉が素敵そうなので、ぜひ訪れてみたいです。


おまんじゅう屋さんでひと休みして、お土産におくのほそ道の本を買って、再びバイクウェアに着替えて米沢の宮坂考古館を目指します♪

image.jpegimage.jpeg

ここの甲冑がまた、すごかった!だって・・・上杉謙信、景勝、直江兼続、前田慶次、なんです!


続く


ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしていただくと、リンク先に移動する際に1票入ります。
良かったらお願いします。
にほんブログ村  
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  
 人気ブログランキング
       












nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

おくのほそ道ツーリング★2日目(2)戸沢村でぼたもちに出会う [ツーリング]

2日目の続きです。羽黒山から最上川へ。


庄内平野での車の速さにかなり疲れていた私達ですが、最上川沿いでは普通の速さの車の後ろを走ることができてホッとしました。(笑)

最上川沿いの国道は交通量が多かったです。


左手に雄大に流れる最上川を見ながら走ります。

スケールの大きさが阿武隈川を思わせるなぁ。


芭蕉が川下りをした最上川。

昔は芭蕉の句にも詠まれているように、もっと流れが速かったようですね。

そういえば最上川舟唄って合唱でやったけど、アレ、船頭さんが唄うのかしら?


時折観光船らしき船とすれ違いながらちょっと川下りが羨ましくもあり(笑)


もう少しで道の駅とざわと言う辺りで、小さなガソリンスタンドがあり、給油してもらいました。


ここも、人が出て来なくて呼びに行って、入れてもらいました。(二回目なので慣れた!(笑))


目の前に戸沢のぼたもちと言うお店があり、ガソリンスタンドの方にバイクを置かせてもらって買いに行きました。image.jpeg

店内にはナント草刈正雄さんなどがテレビのロケで訪れた時の写真が飾ってありました。


このぼたもちは、後ほどおやつにいただきましたが・・・

image.jpeg

また食べたい・・・。(≧∇≦)


少し進むと右側に道の駅とざわがありました。

image.png

この道沿いには川下りの乗り場以外にはほとんどお店っぽいところがないので、とてもありがたいです。


そして、この道の駅の韓国料理がまた・・・驚きのクオリティだったのです。


本場の方々が営むお店のようで、期待しつつ石焼ビビンバと、冷麺、餃子を頼みました。


人生初冷麺。初丸い餃子。

image.jpegimage.jpegimage.jpeg

冷麺はサッパリした酸味のあるお汁で、細〜いこんにゃくっぽい麺の夏にぴったりな食べ物でした。


石焼ビビンバもかなり辛くて汗が・・・(≧∇≦)でもおいしい!パワーチャージ!


すごーく美味しくて、壁に貼ってあるメニューを全部制覇したいと思いました(笑)

トッポギも勧められましたがお腹いっぱいでムリ^_^;


それにしても・・・

山形って、おいしいもの多すぎです!(≧∇≦)


私を山形に連れてきてくれてありがとう芭蕉さん(笑)感謝だよー♪


上が展望台になっていて、大きく蛇行する最上川を見渡すことができました。

image.jpeg

ちょうど蛇行する感じとか、天下大将軍の像とかが高麗駅や高麗の巾着田を感じさせます。スケールが違いますが、少し共通点を感じて親しみを持ちました。


※動画の再生について、パソコンでそのまま再生した場合、画面が一部しか表示されないことがあります。

いったんw650pirateをクリックしてインスタグラムのページで見ていただくと、正しく表示されるみたいです。



さて、先へと進みます。

image.png


このままR13に出て南下すれば着くのですが、せっかくなので最上川沿いに行こう!と、選んだ道がやっぱり素晴らしくて・・・。


ツーリングマップルのおすすめルートでもありました。


r30です。(最初通り過ぎて、r56→r36→r30^_^;)

image.jpegimage.jpeg

image.png

交通量は少なく、適度なワインディングで、緩やかなアップダウンとで最上川沿いを走ります。


あまりに素晴らしくて、走りながらニコニコしてましたよ。(笑)




途中、ちょっと停まって写真を撮ったりしながら最上川を満喫し、ついにR13に出てしまいました。


楽しい道が終わり、高速道路並みのスピードで走る道路を少し緊張しながら走ります。


しばらくして道の駅むらやまに到着しました。

image.pngimage.jpegimage.jpeg

歩道橋を渡ったところにある道の駅へ向かいます。




果物の市場が出ていたり、大きなお土産コーナーやレストランがありました。


ここで、戸沢のぼたもちを食べてひと休み。


この後、山寺まで行くか検討した結果、お天気も怪しいのでユースホステルに行ってしまおうということになりました。


午前中、2446段を登って、下りているので、さすがに・・・もう今日はいいよね。(笑)


走っているとついに霧状の雨が降り出し、少し濡れました。


ちょっと迷走しつつ、山形空港前の信号を左折して、踏切を越えてすぐ右折した三軒目くらいの左側に東根ベアフットユースホステルさんがありました。


着いたー!!(≧∇≦)


優しそうなペアレントさんがガレージにバイクを入れさせて下さいました。


雨なのでとても助かりました。


ユースホステルの会員継続手続きをして、全てのお支払いを済ませて二階のお部屋へ。


夕食はキーマカレーでとても美味しかったです。

image.jpegimage.jpeg

孫のサッカー応援に来ていた宮城のおじいちゃんとおばあちゃんが同席で、おじいちゃんと日本酒の話で盛り上がり・・・(笑)(≧∇≦)


おじいちゃんは初めてのユースホステルとのことで、お客さん同士の会話が新鮮でとても楽しい!と嬉しそうでした。(#^.^#)

あと、みんなが配膳のお手伝いをしていてびっくりしたとか。(笑)(≧∇≦)


夜はペアレントのお母さんに温泉まで送迎していただき、とてもいいお湯に入れました♪


山形には全ての市に温泉があるそうで、これは日本で唯一なのだそうです。


山形って、お米も食べ物も温泉もとてもいい〜!


改めて山形の素晴らしさを感じた1日でした。


翌日はさらにその魅力を実感します。

ついに憧れの山寺へ!岩にしみ入る蝉の声は聞けるのか!?


続く


2日目走行距離 102km


タイムスケジュール


7:30 朝食

8:30 多聞館発(徒歩)

8:42 隋神門

8:51 神橋

8:55 五重塔

9:18 二の坂茶屋(休憩)

9:58 出羽三山神社

11:05 多聞館着

11:30 多聞館発

11:44 大鳥居

12:46 ENEOS戸沢村古口SS 

13:15 道の駅とざわ お昼

15:30 道の駅むらやま かなりのんびり

17:12 ひがしねベアフットユースホステル着


本日の出費


多聞館20952円(9000円×2 ビール600円 酒800円+税)

アクエリアス 150円

かき氷300円

おみくじ100円

ガソリン910円(7L×@130円)燃費26km/L

戸沢のぼたもち 370円

道の駅とざわ昼食2240円(石焼ビビンバ・冷麺・餃子)

道の駅むらやま 300円 コーヒー

ひがしねベアフットユースホステル 14200円(ユースホステルファミリー会員継続3000円・宿泊3400円×2・夕食1050円×2・朝食650円×2・温泉250円×2)




ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしていただくと、リンク先に移動する際に1票入ります。
良かったらお願いします。
にほんブログ村  
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  
 人気ブログランキング
       








nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

おくのほそ道ツーリング★2日目(1) 羽黒山で山伏と出会う [ツーリング]

だいぶ間があいちゃいましたが(^^;)

おくのほそ道ツーリング2日目です♪

羽黒山(出羽三山神社)→最上峡→ひがしねベアフットユースホステル 
2017年8月11日(金)山の日だけに・・・!?羽黒山の石段を登りました!(笑)(≧∇≦)
エアコンがなく扇風機のみの多聞館さんですが、山の麓のせいか涼しく過ごすことができました。
宿に着くなりだんなさんが「羽黒山石段マラソン」について宿の方に尋ねていてパンフレットを見せていただいていました。(笑)
(10月に行われているみたいです)
予告はしていたけど、本当に翌朝、2446段の石段を走ってきたというだんなさんにビックリ。
後でもう一回登るっていうのにね・・・(^◇^;)
朝食はシンプルな野菜のおかずや鮭などで、やっぱりさすが米どころ、お米やお味噌汁がとても美味しかった!image.jpeg
丁寧に作られたお惣菜もとてもおいしかったです。
さて、食後は荷物をまとめてバイク用の着替えだけお部屋に置かせていただいて、チェックアウトを済ませ、バイクに荷物を積んでしまうことにしました。
11時までに戻りますのでお願いします〜(≧∇≦)
と、言って身軽な服装で羽黒山の2446段の石段へと向かいます。汗用に首には手ぬぐいを。
宿坊街には芭蕉の句碑や独特の縄飾りなどがあり、羽黒山への古くからの信仰を感じさせます。
 
image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg
鳥居をくぐると立派な門(隋神門)があり、石段は下へと続いていきます。(石段中唯一の(!)下り坂らしい)image.jpegimage.jpegimage.jpeg
門の先は急に静かになり空気が変わります。
特別天然記念物、表参道杉並木は隋神門から始まる全長約1.7km2446段の石段で、両側には樹齢350〜500年の杉並木が続いています。
ここは、神聖な場所なんだ・・・。と、いう空気感
image.jpeg
ライダー風の服装の男性が、少し辛そうに戻ってきましたが、まだ朝早くそれほど人は多くはありません。
すれ違う人とは、こんにちは〜。と挨拶を交わし、ちょっと登山みたい。
(ちょっとじゃなく、この後はガチで登山でした(^◇^;))
水の音がしてきて少し進むと清流(祓川)にかかる赤い橋(神橋)から小さな鳥居とその後ろ側に流れる滝(須賀の滝)が見えて、それだけでなんだか異世界のような感じです。
この滝の水は月山からひかれているのだとか。
平坦な道をその先へ少し進んだ左手に国宝五重塔が現れました。
樹齢三百〜五百年の杉に守られるように立つ木造の五重の塔。
image.jpeg image.jpeg
白い修行の装束に身を包んだ子どもを含む団体の方々が一緒に祈っているところでした。
巡礼体験かな?
頭にも白い布をかぶり、左右で結んでいます。
最後尾についていたプロっぽい人が吹く法螺貝の音・・・!!
感動のナマ法螺貝でした。
初めて本物の音を聞きました。
ここはどこ?何時代?(笑)
古くから変わらずにこうして人々は祈ってきたのかな。
image.jpegimage.jpeg
法螺貝は戦の合図でもあったようなので、色々な思いでその音色を聴きました。
さて、ここからが上りの石段です。
image.jpegimage.jpeg
1つの段が小さくて、背の高いだんなさんには少しキツそう。
でも、さっきここを駆け抜けたんだよね・・・(^◇^;)
よく転ばなかったなぁ。
汗がどんどん吹き出してきて、手ぬぐいが大活躍(≧∇≦)
image.jpegimage.jpeg
石段が急になり、かなりへばってきたあたりで茶屋に到着。
みぞれのかき氷を食べてクールダウン。
image.jpeg
庄内平野から海まで見渡せる絶景の休憩所♪
修行の皆さんが追いついてきて、すごく賑やか。
教祖さま(?)の掛け声に「ハイ・ハイ」と合いの手を入れていました。(そういう決まりっぽい。)
混んできたので先へと進みます。
途中に、芭蕉が訪れた際に滞在したと言う寺院跡の南谷史跡という場所があり、
苔むした地面と石がそこにはあるだけだった・・・。
ここが俳聖たちの宴の跡かぁ。
image.jpeg
のんびりしていたら、修行の人々に追い越されていました。
疲れて座り込んでいる人を通過して、石段が右に大きく曲がると、その先に赤い鳥居が見えました。
image.jpeg
ついに到着!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
手前の2つの小さな神社それぞれに般若心経を唱えている教祖さまっぽい人に、
修行の人達が並んで手を合わせていました。
image.jpeg
私達もその斜め後ろに並んで手を合わせ・・・
出羽三山神社は、とても立派な茅葺き屋根の朱塗りの神社でした。
image.png
か、階段がめっちゃ急です!これって雪対策かしら・・・?
凛々しいマッチョ狛犬。
image.jpegimage.jpeg
住所と名前を心で唱えた後、家族の健康と幸せと、無事に帰れることをお祈りした後におみくじを引くと・・・
だんなさん→大吉
私→小吉
書いてあることがいちいちリアルに当たってそうでビビりました(^◇^;)
image.jpeg
気を引き締めて、誠実に頑張るとします・・・^_^;
さて、下りは登りに比べて楽ちんです。
image.png
 
登りの辛そうな人を見ると、あとちょっと、がんばれ〜!と思ってしまいます。
五重塔の横の爺杉樹齢約一千年!
image.jpeg
ずっとずっと、ここにいるんだね。
思った以上に時間がかかり宿に11時過ぎに戻り、バイクの服装に着替えて出発です。
image.jpegimage.png
駐車場の入口が砂利だったので、だんなさんにバイクを移動してもらいました。
悔しいけど・・・(⌒-⌒; )
ちょっと砂利深くて無理でした。
この時、バイクに乗り続けるには足腰を鍛えなくては!と、実感しました。
毎日歳の数だけスクワット必要かな・・・?
でも、ホント、バイクって降りて押す時は重たいので、取り回しには足腰の筋力って必要です。
この後、宿坊街を抜けて前日に通れなかった大鳥居に立ち寄る事にしました。
赤い大きな鳥居が道(r47)を跨いでいて、その向こうには青空と緑鮮やかな田んぼが広がっていました。
鳥居をぬけると現実の世界に戻って来たような不思議な感覚でした。
鳥居の向こうの世界は祈りに満ちた世界でした。
こんな場所が日本にあったんだね・・・。
image.jpegimage.jpegimage.png
w800の調子は上々です♪
おとなしめのサウンドにも慣れてきたし、ギアの癖もだんだん分かってきました。
さて、この日の予定はこの後最上川沿いにR47を東へと走り、途中r30を南下して大石田あたりに出て最終的に東根にあるユースホステルを目指します。
翌日の天気が悪そうなので、時間と体力があれば山寺(立石寺)も参拝しようか・・・と。
でも1日に2つも石段のお寺は大変だよね〜(^◇^;)
立石寺は1000段だけど段が大きいらしいし・・・。
とりあえず行けるところまで行こう!
と、大鳥居を後にして、r115庄内平野を北上して突っ切り、左折してr46に出て再び最上川の赤い橋最上川橋を渡りr381を右折します。
右手には最上川沿いの一面の田んぼの奥に発電の(?)白い風車が一列に並んで周り、なかなか見られない絶景です。
写真を撮りたかったけど、だんなさんがどんどん走って行くので必死で心に焼き付けました。(笑)
今でも、ハッキリと思い浮かべることができるのはしっかりと焼き付けられたからかもしれません。
写真を撮ることや構図などに気を取られて、肝心の心に焼き付けられていないと言うこと、多いかもしれないなぁ・・・と反省。
そう考えると、しっかりと景色を心に焼きつけるのは一生の宝物であり、財産ですね。
高速道路でも目を見開くような絶景にたくさん出会いました。
続く
ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしていただくと、リンク先に移動する際に1票入ります。
良かったらお願いします。
にほんブログ村  
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  
 人気ブログランキング
       

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク
前の10件 | - ツーリング ブログトップ